寒い季節の手汗
手汗の疾患がある人で、普通ならあまり汗をかかない冬の寒い季節になった途端症状が酷くなるという人がいます。
汗をたくさんかくのは夏の暑い季節なので、冬に手汗の症状が酷くなるというのは不可解ですね。
どうして気温が低く寒いのに汗をかいてしまうのでしょうか?
その理由を紹介していきたいと思います。
まずはじめに挙げられる理由は、基礎代謝に関することです。
基礎代謝という働きは、人間の生命活動には必要不可欠な働きで、意識していなくても普段の生活の中で自然に働いています。
この基礎代謝は、冬の寒い時期に活動的になります。
冬になり気温がぐっと低くなると、私たちの体は体温を安定させようとします。
この安定させようとする力により、手汗が多くなると考えられます。
次に、気圧に関することです。
雨が降って天気が悪くなると、気分が落ちたりだるくなったりしたことはないでしょうか。
実は、気圧が変わると私たちの自律神経にも変化が表れるのです。
気圧は夏より冬のほうが高く、気圧が高いと手汗の原因として考えられる交感神経が過剰に働いてしまいます。それによって手汗の症状が酷くなると考えられています。
以上、紹介したとおり冬の寒い季節に手汗の症状が酷くなるには原因があります。
春、夏を過ぎて、季節が段々と寒い時期にきたら、体を冷やさないようにカイロやマフラー、手袋などで対策をしてください。
そのような対策を積極的に行うことで、自律神経の乱れを予防し、寒い季節の手汗の症状を和らげることが出来るでしょう。

Comments are closed.

Theme by RoseCityGardens.com