■舌の清掃で口臭予防
舌は口臭ととても密接な関係にあります。
舌をよく観察してみると、白いものがこびりついているのが分かると思います。
これは舌苔(ぜったい)と呼ばれるもので、食べかすや雑菌、剥がれ落ちた細胞などが舌の上にこびりついたものなんです。
この舌苔で雑菌が繁殖すると、それに伴って臭いの強いガスが発生するため口臭につながる、というわけです。
口臭の原因を見てみると、ほとんどがこの舌苔の付着によるものだとも言われています。
そのため、毎日の歯磨きに加えて舌苔の清掃を行うことにより、かなり効果的に口臭予防を行うことができるようになります。
ただし、舌はとてもデリケートなものなので、歯磨きを行うようにゴシゴシと磨いてはいけません。
舌が傷ついてしまうと、その傷に雑菌が入り込んで口臭がよりひどくなってしまう場合もあるからです。
そのため、舌の清掃を行うときには「舌クリーナー」を利用するのがオススメです。
舌クリーナーとは、名前の通り舌の清掃に特化した形状のもので、ブラシタイプのものから輪っかのような形状のものまであります。
いずれも柔らかく、舌を傷つけることなく舌苔だけを効率よく落とすことができるようになっています。
もしもこれまでに、口臭が気になるからといって舌苔を歯ブラシで落としている人は舌が傷ついて余計に口臭がひどくなっているかもしれません。
歯ブラシではなく舌クリーナーを利用するようにしましょう。
舌クリーナーが無い人は、柔らかい布やティッシュペーパーでふき取るのも応急処置として利用できます。

Leave a Reply

Theme by RoseCityGardens.com