■水分補給で口臭対策
口臭対策の有効な手段のひとつとして【水分補給】が挙げられます。
口臭が発生するときは唾液の分泌量が低下しているため、その分の水分を補給することによって口臭を和らげることができます。
また、水分補給による口臭対策は「空腹時の口臭」にも効果的です。
お腹が減ると、胃酸の酸性を和らげるために膵液が分泌されるのですが、この時に発生するガスが口臭の原因の一つとなっています。
水分補給を行うことによって、胃酸の濃度を下げる事ができるので膵液を分泌させる必要がありません。
このように、水分補給をこまめに行うことによって口臭対策を行うことができます。
より効果的に口臭を予防するために水分補給を行うにはどのようにすればいいでしょうか。
まず始めに、寝起きにコップ一杯の水を飲むようにしましょう。
寝起きは空腹状態であると同時に口の中乾いているので、口臭が強くなりがちです。
寝起きにコップ一杯の水を飲むことによってこれらを改善することができます。
また、喉が乾く前に水分補給を行うというのも重要なポイントの一つです。
喉が乾いているということは、身体の水分が足りていないということになります。
唾液は水分を必要とするため、体の水分が不足していると唾液の分泌量が低下してしまうということに。
喉が渇く毎にこまめに水分を補給することでこれを回避することができます。
その他にも、食事と一緒に水分補給を行う、コーヒーなどの臭いが残りやすい飲み物を飲んだ時に合わせて水分補給も行うようにするとよいでしょう。

Leave a Reply

Theme by RoseCityGardens.com