■親知らずと口臭
成長期を迎えると、奥歯に親知らずが生えてきます。
この親知らずがしっかりと生えてくると、特に問題はありませんが変な方向に生えてしまったり、曲がって生えてきたり、場合によっては歯茎の中から生えてこないことがあります。
このように、親知らずがきちんと生えてこないと、かみ合わせが悪くなってきて歯並びが悪くなるケースが多々あります。
歯並びが悪くなると、その分歯磨きでの正しいブラッシングができなくなってくるので、口内に雑菌が繁殖するなどして不潔になり、これが口臭の原因になってしまいます。
また、親知らずそのものが磨きにくい部分に生えてくるので、知らない間に虫歯が出来てしまったり、雑菌が繁殖してしまったりして炎症が起こり、膿が出てくることもあります。
膿は雑菌の死骸と白血球の死骸のかたまりのようなもので、かなり強力な臭いを発する口臭の原因の一つです。
このように、親知らずは知らず知らずのうちに口臭の原因になってしまうリスクをはらんでいます。
ではどうしたらよいのか、と言えば、歯医者さんに相談するのが最も確実です。
ほとんどの歯医者さんは「親知らずは抜いてしまう」と思います。
親知らずを抜いてしまった方が、他の歯の健康につながるケースが圧倒的に多いからです。
次の項目に当てはまる人は歯医者さんに一度見てもらいましょう。
・親知らずの周りの歯茎が腫れている
・奥歯から膿が出る
・口臭が奥歯から感じられる
・親知らずの近くの歯が痛い
・まっすぐ生えていない

Leave a Reply

Theme by RoseCityGardens.com