引越しをするにあたって、私物を新居に運ぶために段ボールに荷造りしようとするのは当然の動きです。ですが、本当に荷物を全て荷造りして運ぶ必要があるかというとそれはまた別です。なぜかというと、全てを荷造りする必要があるとは限らないからです。中には、荷造りするよりも捨てたりすることを選択肢として考える必要が有る場合もあるからです。なぜなら、使ってもいないのに、持って行っても余計に手間が掛かるだけだからです。ですので、荷物というのは全部、荷詰めする必要があるとは限らないと考えるべきです。ですので、引越しを機会に考えるべきことは、今、手に取っている物は本当に必要な物なのか、ということです。

そのため、まず始めにやるべきことは、部屋の整理です。一見、引越しをするのに部屋の整理をするなんて効率が悪いと思うかもしれません。ですが、一度、部屋を綺麗に整理すれば、その後は、スムーズに必要な物とそうでない物の見極めができますし、作業もすぐに進めることができます。本当に必要なものであれば、重たくて大きいものから下に詰めていけばいい訳です。逆に必要じゃないと感じたのであれば、捨てることを考えるべきです。ただし、引越しまで1ヶ月ほど期間があるならフリーマーケットやヤフーオークションなどで不要品処分をしてお金に変えるのもいいでしょう。本などであれば、全国チェーンの業者に自宅にまで来て買い取ってきてもらうこともできます。ただし、それでも手元に残ってしまった物や、そもそもフリーマーケットなどで売ることが出来ないものであれば、捨てるしかないでしょう。ただし、引越しを円滑に進めるためには必要なのです。

では、捨てるといっても、タンスなど重たい物や大きい物になると運ぶのも大変ですし、どうやって捨てればいいのかが分からない、という場合もあるでしょう。そのような場合は、市区町村の粗大ごみの引き取りをしてほしい、と依頼の電話を掛けましょう。そうすることで、引き取ってくれることもあります。また、清掃課の電話番号が書いていたり、加えて説明書もあれば、そこに書かれている通りにゴミ出しをしましょう。

まだ、一人暮らし、独身での引越しなら、まだそれほど大変なものではありません。ですが、家族の引越しとなると、その労力は、相当なものになります。ですので、そのようなことを未然に防ぐためにも、掃除の初期段階で、予め要らないものと必要な物を分別した上で、引越の荷造りをすると、それほど苦労せずに進めることができます。引越しは古いものを捨てて新しい生活を始める上で、もう使わない必要のない物を全て捨てる絶好の機会とも言えるのです。その意味でも、「もしかすると、また使うかも」と未練がましく思わずスパっと捨てることもスムーズに掃除をするだけでなく、引越しの直前でのトラブルを避ける上でも必要なことだということを理解しておくべきです。

Comments are closed.

Theme by RoseCityGardens.com