12月, 2013

レーシック手術後のケア

レーシックの手術によって視力の回復をする人が増えています。しかし、リスクを最小限に抑えて視力の回復をするためにはアフターケアを疎かにしてはなりません。簡単なことなのですが、なおざりにしてしまうととんでもないリスクを受けてしまうことがあるのです。
まず、手術後には化化膿止めなどの内服薬や点眼薬が処方されます。決められた回数を守って時間通りに使用することが大切です。
また、手術後はなるべく刺激を眼に与えないようにすることも大切です。紫外線予防のサングラスや保護用のメガネは必ず着用しましょう。
また、手術当日の入浴、洗顔は禁止されています。手術前のカウンセリングで注意があります。喫煙、飲酒やその他の注意事項も良く確認して厳守しなければなりません。
手術翌日の検診は必須です。手術前にスケジュールを確認して必ず受診できるように都合をつけることが必要です。この時、どんな些細なことでも変化や違和感があれば申告しましょう。
定期検診は、手術の翌日の次は1週間後、1か月後、3か月後、6か月後が一般的です。必ず、スケジュールを確認して受診し、この間であっても眼に違和感を感じたら早めに眼科の検診を受けるようにします。なので、大阪でレーシックを受けるならレーシック眼科、東京なら東京のレーシック眼科というように、通える範囲の眼科の口コミを調べいい眼窩を捜す必要があります。

視力が良くなったことに油断をして眼を酷使することは避けなければなりません。レーシックは眼を必要以上に使用することで効果がなくなってしまいます。1度の手術で一生補えるわけではないのです。
せっかく視力が戻ったのですから、眼精疲労に注意をして大切に使用することが視力を長く保たせるコツです。

Theme by RoseCityGardens.com